葬儀まで | 葬儀の次第:基本的な流れと、スタイルについて
葬儀

葬儀まで

臨終は病院で

1日に何人もひとが生まれ、ひとが亡くなる場所、それが病院です。一説によれば、日本人の総人口のうち、およそ8割のひとは病院で亡くなると言われています。
死者たちの多くは、入院して闘病しているうちに、ついに力尽きて亡くなるという臨終を迎えるのです。
そして、それがどのような闘いであったにせよ、ひとつの肉体の上で行われる生と死の熾烈な闘争が終わったあとは、すべてがやすらかになり、あとはいずれ行われる葬儀に向かって、すべてが動き出すことになります。
遺体は、病院で清らかにされ、それから自宅に搬送されることになるのが一般的ですが、このとき、自宅に搬送するための車を出すのは葬儀社です。
あらかじめ葬儀社を決めている場合には、そこに連絡して車を回してもらいましょう。
また、もし決まっていない場合には、病院に紹介してもらうことも出来ます。とりあえず運んでもらう車を出してもらうだけで、実際の葬儀の手続きをそこでお願いするか否かは、僕たちの自由です。

死亡診断書について

遺体を清め、車で運ぶということに夢中になるあまり、忘れてしまうということが内容にしなければならないものが、ひとつあります。
病院のお医者さんにもらう死亡診断書が、それに当たります。
この書類は文字通り、お医者さんの見立てによる死の瞬間の状況が克明に、簡潔に記されている書類で、これがお役所に届けられない限りは、死亡は社会的な事実とはなりません。
書類を受け取り、死亡届を作成してお役所に提出することは、忘れないようにしましょう。
もし忙しいというのであれば、葬儀社に頼んで代行してもらうことも出来ます。