葬儀のスタイル | 葬儀の次第:基本的な流れと、スタイルについて
葬儀

葬儀のスタイル

一般葬について

「一般葬」というのは、字面を見れば分かりますがスタンダードな葬儀であるということで、いわゆる僕たちが見慣れている葬儀のことです。
一定以上の広さを持った斎場があり、椅子が並び、正面には祭壇が据えられ、遺影が飾られ、花で縁取られ、お坊さんが読経して……というふうにして行われるものです。
一般葬の場合は、その前日までにお通夜が済ませられていることが条件のひとつとなります。遺族や会葬者によるお焼香がすみ、遺体をのせた霊柩車や遺族をのせたマイクロバスが走りだすところで、おしまいです。
この葬儀を行うにあたっては、死亡通知や葬儀の案内をまわりの人に出したり、お寺への連絡をしたり、葬儀社と綿密な打ち合わせを行ったりと、やるべきことがたくさんあります。
多くの人に集まってもらえって、盛大に送り出すことが出来る式だといえるでしょう。

その他のスタイル

葬儀のやり方というのは、そもそも「こうでなければならない」と決まっているわけではありません。
それが法に背くようなものでないかぎりは、どのような方法であれ、送る人たちの裁量で、あるいは送られるひとの遺志にしたがって、行われるべきだということになります。
家族だけでひっそり、そしてじっくりとお別れをするという密葬や家族葬と呼ばれる方法があります。
また、一方では、お坊さんやお寺が一切登場しない、宗教的な色合いをまったくなくしたスタイルの葬儀も行われています。
故人の好きだった音楽でお送りする音楽葬など、「楽しい雰囲気」を持った葬儀も、行われているようです。