トレンドについて | 葬儀の次第:基本的な流れと、スタイルについて
葬儀

トレンドについて

小さな葬儀

葬儀とは、社会的な、あるいは宗教的な儀式として行われるものです。
ある人が亡くなったということ、その人の人生の絶対的な節目というものを、みんなで確認するというのがその儀式なのです。
ただ、社会や宗教は、少なくとも日本においては、「こうしなければいけない」とは決めていません。葬儀のスタイルの話です。個々のさまざまな事情にしたがって、スタイルを選ぶことが出来るのです。
そんな中、最近のトレンドとなっているのが「小さな葬儀」とも言うべきものです。
家族葬や直葬、あるいは1日葬といった種類のものが、よく選ばれています。式に参加する人数的に、あるいは式に要する時間的に、従来より短いものになっているものです。
家族葬とは、家族の他の会葬者を極力よばずに行うもの。直葬というのは、臨終からあとの流れで通夜や葬儀を飛ばして、直接火葬場へ移動するというものです。
1日葬は、その名の通り通夜も葬儀も火葬も、すべて1日でまとめてすませてしまおうというものです。

選ばれる理由

家族葬や1日葬、直葬のような、いわゆる「小さな葬儀」が選ばれている背景には、どのような事情があるのでしょうか。
それは簡単に言えば、葬儀の規模が小さく、経済的な負担が軽くてすむということからであると言えます。
家族葬の場合には人数が少ないため、斎場は小さいところですみますし、直葬の場合にはそもそも斎場を用意する必要はありません。火葬場の手配さえすれば、最低限、法律に則った方法で故人を送ることが出来るのです。
また、最近では宗教観が以前とは変わっているということも、理由のひとつとして挙げることが出来そうです。
宗教的な事柄に、あまり重きを置かない考え方が一般的になるにつれて、仰々しい葬儀よりはコンパクトな葬儀へ、トレンドがシフトしていったのだといえるでしょう。